HOME   >  2024年度大会結果   >  県大会

県大会

第23回全日本エルデストソフトボール大会愛知県予選会1日目結果

令和6年6月16日(日)名古屋市港区船見グラウンドにて「第23回全日本エルデストソフトボール大会愛知県予選会」1日目が終了しましたので、途中経過を掲載いたします。

2日目は、令和6年6月23日(日)船見グラウンドにて開催します。

途中経過↓
PDFファイルを表示
三木県女性委員長の開会宣言
大会審判員・大会記録員
開会式の様子
選手宣誓:久冨美季 選手(名東クイーンズ)

第19回全日本ハイシニアソフトボール大会愛知県予選会結果

令和6年5月19日(日)・6月16日(日)第19回全日本ハイシニアソフトボール大会愛知県予選会を開催しました。

大会の結果を掲載いたします。

大会2日目は30度の超える気温の中、気温に負けないプレイが見られました。
選手の皆さんお疲れさまでした。
役員、審判員、記録員の方々、大会運営お手伝いお疲れ様でした。

【大会結果】
優勝:名古屋クラブ
準優勝:稲沢ハイゴールド
3位:名古屋インパルス・名古屋緑クラブ

最優秀選手:奥藤政人選手(名古屋クラブ)
優秀選手:山内保夫選手(稲沢ハイゴールド)

PDFファイルを表示

※上記の結果、名古屋クラブは、9月21日~23日に兵庫県明石市で開催される全日本ハイシニア大会への出場権を得る。

【決勝戦戦評】

名古屋クラブ 接戦を制して優勝。
全国大会への出場権を得る。

名古屋クラブは1点を追う4回表、一死後3番奥藤選手の中堅越えの本塁打で同点にすると相手守備の乱れもあり1点を加え勝ち越しに成功する。7回には1点を加え、稲沢ハイゴールドを突き放した。
稲沢ハイゴールドは、2回に先制するも3回以降、相手投手に1安打に抑えられリードを守り切れなかった。
(名古屋市ソフトボール協会記録委員会提供)
優勝:名古屋クラブ
準優勝:稲沢ハイゴールド
(左から)最優秀選手:奥藤政人選手(名古屋クラブ)・優秀選手:山内保夫選手(稲沢ハイゴールド)

第19回全日本ハイシニアソフトボール大会愛知県予選会1日目結果

令和6年5月19日(日)港区稲永公園野球場にて第19回全日本ハイシニアソフトボール大会愛知県予選会が開催されました。
1日目の結果をお知らせします。

2日目は、令和6年6月16日(日)船見グラウンドにて開催します。

途中経過↓
PDFファイルを表示

第38回全日本小学生女子ソフトボール大会愛知県予選会結果

令和6年5月3日(金)・4日(土)の2日に渡り名古屋市港区船見グラウンドにて第38回全日本小学生女子ソフトボール大会愛知県予選会を開催いたしました。

気温30度に迫る天候の下、愛知県下から16チームが参加し大会が行われ、全16試合が開催されました。小学生にとっては今年度初めての県大会のためか、緊張した面持ちで入場行進する姿も見られました。コロナ渦の漸く落ち着きを見せ、入場行進がまた再開できたことを嬉しく思います。

選手の暑さに負けないようなプレイ、一生懸命に白球を追い、投球に喰らいつく姿に応援の皆さんからも度々歓声が上がっていました。
選手の皆さん、チーム関係者の皆さん、お疲れ様でした。

大会開催にご協力いただいた役員の皆さん、審判員・記録員の皆さんお疲れ様でした。

大会当日プレイ写真は、愛知県ソフトボール協会広報委員会Instagramにも掲載されています。
愛知県ソフトボール協会広報委員会

【大会結果】
優勝:安城エンジェルズ
準優勝:稲東レッドスターズ
3位:NARUMI・西前田S B C

最優秀選手:仲川知歩選手(安城エンジェルズ)
優秀選手:藤井里凪選手(稲東レッドスターズ)

PDFファイルを表示

【決勝戦戦評】

安城エンジェルズ 優勝
安城エンジェルズは、2回表相手守備の乱れに足を絡ませ2点を先制、その後9番大城の本塁打でこの回3点を先行した。
3回、4回には5本塁打全員得点の猛攻で相手に反撃の隙を与えず勝利し、全国大会への切符を手にした。
稲東レッドスターズは、相手投手を打ち崩せず敗退した。
(名古屋市ソフトボール協会記録委員会提供)
優勝:安城エンジェルズ
準優勝:稲東レッドスターズ
(左から)最優秀選手:仲川知歩選手(安城エンジェルズ)優秀選手:藤井里凪選手(稲東レッドスターズ)

第49回愛知県壮年ソフトボール大会結果

令和6年4月21日(日)・28日(日)の2日間に渡り「第49回愛知県壮年ソフトボール大会」を開催しました。

大会初日は、当初は雨予報でしたが皆さんのソフトボール熱のおかげか大会を開催することが出来ました。やはり、予報通り途中から雨に・・・。
雨の中でも、選手の皆さんの白熱したプレイが会場各所で見られました。

初日と打って変わって、2日目は絶好のソフトボール日和の快晴で夏日となりました。
決勝戦は、逆転に次ぐ逆転で7回裏2死までどちらが勝つかわからない試合となりました。


参加された選手の皆さんお疲れ様でした。
2週に渡り大会運営にご協力いただいた役員並びに審判員・記録員の皆さんありがとうございました。

大会当日プレイ写真は、愛知県ソフトボール協会広報委員会Instagramにも掲載されています。
愛知県ソフトボール協会広報委員会

【大会結果】
優勝:三河三河B a k a b o m b
準優勝:オール江南壮年
3位:富田クラブ・名古屋ジェネシス

最優秀選手:稲村健太郎選手(三河B a k a b o m b)
優秀選手:高柳真一選手(オール江南壮年)

PDFファイルを表示


【決勝戦戦評】
三河三河B a k a b o m b接戦を制して優勝!全日本マスターズへの出場権を得る。
三河Bakabombは同点の2回堤マルコス裕次選手の三塁打で2点を勝ち越し、3回にも堤選手の二塁打と相手守備の乱れで3点を追加、逆転された5回に村上選手の本塁打で1点差に詰め寄り6回の勝ち越しにつなげた。2番手でマウンドに上がった稲村選手の好投で反撃を許さなかった。
オール江南壮年は、5回に喜多選手の三塁打含む7安打を集中し一時は試合をひっくり返したが、リードを守り切ることが出来なかった。
(記録委員会提供)
優勝:三河B a k a b o m b
準優勝:オール江南壮年
(右から)最優秀選手:稲村健太郎選手(三河B a k a b o m b)・優秀選手:高柳真一選手(オール江南壮年)
閉会式の様子

第49回愛知県壮年ソフトボール大会途中経過

「第49回愛知県壮年ソフトボール大会」1日目無事に終了しました。

途中経過を掲載します。

途中経過↓
PDFファイルを表示

大会2日目は、4月28日(日)船見グラウンドで開催します。
開会式
出場チーム監督
選手宣誓:杉本選手(三河Bakabomb)
大会審判員・記録員
名古屋市ソフトボール協会問い合わせ先
〒457-0067 愛知県名古屋市南区上浜町496番地 
TEL/FAX:052-612-8674 
PC:wa37425@fd5.so-net.ne.jp                          事務局 梅村民男
                       

お問い合わせ